検索
  • 中森圭二郎

臨時会(5月10日)の振り返り

こんにちは。湯梨浜町議会議員の中森です。


先日、初議会がありました。スーツを着て議員バッチをつけて登庁してきました。(ちなみによく窓口にいく子育て支援課の方には、スーツ姿にびっくりされましたが笑。)


臨時会では

  • 議長の決定

  • 議席の指定

  • 副議長の決定

  • 常任委員会の委員長・副委員長、所属議員の決定

などがありました。議長・副議長は立候補したのちに、選挙で選ばれる仕組みです。議長は濱中武仁議員、副議長は米田強美議員に決まりました。(議長は議会を公平に進行する役割があります)


議席はくじ引きで決まり、私は8番という後方の席になりました。


そして、常任委員会(総務産業常任委員会、教育民生常任委員会、議会広報常任委員会)の所属も決まったのですが、議長が決めるものだったので、心の中で「教育民生お願いします!!」と願っていたら、願いが叶いました!教育民生常任委員会に所属となりました。


教育や福祉に関することを今まで以上にアンテナを張っていこうと思います。


また、議会広報常任委員会(議長を除くすべての議員が所属する委員会)では、委員長は増井久美議員、副委員長に私、中森という布陣で議会広報を頑張っていきたいと思います。

 

当選直後の臨時会は、こういった役割を決定する会でもあるのですが、いくつかの議案も審議しました。

  1. 令和2年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算

  2. 湯梨浜町税条例の改正

  3. 湯梨浜町職員の服務の宣誓に関する条例の改正

  4. 湯梨浜町附属機関設置条例の一部改正

  5. 町道側溝の鉄板跳ね上げによる物損事故の損害賠償にかかる和解および損害賠償の額の決定(これは報告)

1は、かいつまんで説明すると、湯梨浜町の国民健康保険の歳出が予算時(令和2年度だから決算時かな?)よりも増加しているので、補正したという話。町の説明によると、65歳~69歳の前期高齢者の医療費が増加したり、薬代が高いなどといった要因があるらしいです。国民健康保険は年々歳出が増えるが、被保険者(保険料を払う人)は減っているので、運営が厳しくなっているそうです。私も個人事業主なので国民健康保険にお世話になっていて、保険料安くなってもらうとありがたいですが、現状では、高くなる可能性もあります。一自治体で運営するのではなく、もっと広域で運営すれば、効率化できるのではないかという議論もあり、水道事業と似た構造なのかなと個人的には思いました。(国民健康保険に関しては、建前としては広域化しているらしいですが、保険料などの違いはあり、実質的には広域化していないという町の見解でした。)


2は国の税法の改正に伴う、町税条例の改正でした。具体的には、固定資産税や軽自動車税、住宅ローン控除、セルフメディケーション税制に関するものでした。(条例の改正なので、ひたすら条文の改正の項目が並んでいて、大変難しい文章でしたよ。。)


3は押印の省略ができるようにする条例の改正でした。一つの公的な文章の押印を省略するのに、条例一つ改正しないといけなくて、大変な作業だと感じました。個人的には、こども園の投薬依頼書(与薬依頼書?)の押印がなくなるとひと手間減るなと思っています。町の方針としては、

原則、町が相手方から受け取る書類であって、その処理が町の内部で完結するもの

は、押印を省略できるそうです。これから押印省略の条例改正が続きそうです。


4は設置機関の名前の変更でした。


5に関しては報告のみでしたが、近年同様の事故が続いているということで、他の議員から対応策を求める声があがっていました。区長会などのボランティアに頼む意見や民間に有償でお願いする意見など。どちらにせよ、担当の建設水道課の人数が少ないので、しかるべき第三者に頼んで、点検作業を進めるべきだという点では一致していました。物損でよかったですが、人身事故になる可能性もあるので、早急に対応してほしいところです。

 

私も知らなかったのですが、議会のほかに全議員が出席する全員協議会という会があるのです。実は、臨時会の前後の全員協議会で、活発な議論が行われていました。この全員協議会も議会と同様に原則公開なのですが、今日現在(令和3年5月11日)で最新の映像が令和元年6月7日・・・。

しかもwmvをPCにダウンロードしないと見えないという癖のある形式です。これ、何とかしたいです。。


この全員協議会で主に話し合われていたのは、

  1. 旧東郷中エリアの跡地利用に係る取り組み状況

  2. 第6期湯梨浜町障がい福祉計画・第2期障がい福祉計画について

  3. 旧北溟中学校校舎等解体工事の着手などについて

  4. タブレット導入と議会のマイク設備更新について

でした。


1については、大きく二点報告があって、一点目は敷地の一部が個人名義になっているので、時効取得しようとしている点、二点目は湯梨浜町の事業者が給食センター・テニスコート・部室棟と隣接する駐車場を使用したいという点。


二点目に関しては、公平性の観点から6月~7月中に公募をかけて、事業者を決めるようです。また、<給食センター・テニスコート・部室棟・駐車場>以外の施設に関しては、解体してから、土地の利用者を募集する方針だそうです。


私としては、小規模な事業者さんにも利用してほしいという思いがあります。そこで、部分的な土地の利用もできるのかと質問したところ、全体の利用を検討している事業者を想定しているが、部分的な利用も認める方針だという言葉を引き出しました。ですので、旧東郷中学校跡地、気になっている方はぜひぜひ声を上げてください。


2については、当日、ぽんっと福祉計画の冊子を渡されたので、細かな点を質問できなかったのですが、ちょうど医療的ケア児支援について調べていたところでしたので、質問しました。令和5年度末までにコーディネーターを一人配置するという計画なのですが、新しく雇用するのか兼職なのか気になり質問しました。答えとしては、子育て支援課の保健師に研修を受けてもらい、対応するということでした。


一人の職員が役割を兼ねることが多くなり、業務が膨大になることも懸念事項ですし、研修を受けた人が一人だけだとすると、異動になったときに代わりの人がいないので、ぜひ二人体制にするか、新しく雇用するか、検討するように伝えました。財政状況もよくないとは思いますが…

3は、旧北溟中学校校舎の解体工事ですが、アスベストが含まれているものがあるようで、対策をした解体工事となるようです。期間は2022年3月くらいまでを見込んでいるようです。


4は、長年の議会の懸念事項だった設備の老朽化についての対応策だそうです。ほかの議員に言わせると、湯梨浜町の議会設備は遅れているようで、せめてマイク設備だけでも新設してもらいたいということで、今後どういう形のものを導入するのか議論していくことになりそうです。また議会には、筆記用具・資料しか持ち込みが許可されていないのですが、タブレットを導入することで、議会活動を活発・効率化したいという意図があるようです。


たった一回の議会でも、これくらいの資料が出てくるのでPDFで管理するようになれば、紛失の恐れや整理も楽になるかなと思いました。個人的には、PDFで単語検索、メモ検索できるようにしておけば、自分の資料整理も捗りそう!と思いました。

以上、つらつら書き連ねてしまいましたが、備忘録を兼ねての議会の振り返りでした。個人的な感想としては、アンテナがないテーマに対しては質問が難しいですが、教育や福祉に関しては、どんどん発言できそうです。議会以外にも教育委員会にヒアリングにいったり、資料請求の準備をしたり、仕事が少しずつ増えていきました。議会以外の活動についてもブログにつづっていけたらな、と考えています。






閲覧数:104回0件のコメント