検索
  • 中森圭二郎

2021年12月議会

今週10日から12月定例会がスタートします。


12月10日(金):本会議にて町長提出議案の説明、一般質問

12月13日(月):本会議にて一般質問

12月14日(火):本会議にて一般質問(予備日)

12月16日(木):総務産業常任委員会

12月17日(金):教育民生常任委員会

12月21日(火):本会議にて、議案審議、採決、委員会報告

12月22日(水):本会議(予備日)


という日程で行われます。詳しくは下記リンクをご覧ください

https://www.yurihama.jp/uploaded/attachment/10396.pdf


補正予算について


12月定例会でも補正予算が議案として出されています。補正予算の具体的な内容が書かれている事業概要書は下記リンクでご覧になれます。

https://www.yurihama.jp/uploaded/attachment/10459.pdf


個人的に気になる事業として、下記を抜粋しておきます。

「地方公務員の定年延長に伴う例規整備支援業務」

財源: 【一般財源】1,320千円

説明:地方公務員法の改正にあたり、原則令和13年4月から定年が65歳とされる。そこで管理監督職勤務上限年齢制(役職定年制)を導入し、上限年齢は60歳を基本とし、組織の新陳代謝を図る。


「地方路線バス維持事業」

財源:【県支出金】広域バス路線維持費補助金 423千円  【一般財源】5,111千円

説明:コロナ禍の影響によるバス事業の低迷および燃料費の上昇等により、路線バス運行に係る  赤字額が増加したことに伴う補助金の増額補正。


「湯梨浜町土地開発公社事業」

財源:【一般財源】 24,538千円

説明:土地開発公社の経営健全化のため、分譲地の早期売却を図るよう、価格の引き下げによる販売促進を行っている。これにより生じる簿価と販売価格の差額が、赤字となって公社経営に影響を与えないためには、町による補てんが必要である。今年度、公社が売却した磯泙団地5区画に係る簿価と販売価格との差額について、補てんを行うもの。


「太養保育園委託料」

財源: 【国庫支出金】1,475千円 【県支出金】737千円 【一般財源】326千円

説明:入園児童に伴う年齢に応じた委託料を再計算することにより、利用希望保護者の就労支援と子育て支援に対応することができる。


「親元就農促進支援交付金事業」

財源:【県補助金】200千円  【一般財源】100千円

説明: 町内の農家が1月から研修を開始するため、交付金を計上する。


「羽合小学校管理運営臨時経費」

財源:【国庫支出金】  137千円  【一般財源】  3,311千円

説明:来年度、医療的ケアが必要な児童の入学予定による特別支援学級の新設及び特別支援学級児童数増に伴う特別支援学級の増設により教室数及び必要な消耗品・備品が不足するため、教室改修及び備品等の購入を行う必要がある。


「みんなの健康づくり事業」

財源:【過 疎 債】 3,600千円  【一般財源】   50千円

説明:中央公民館泊分館の新築にあたり、地域資源を活かした健康づくり事業を全国展開している企業のノウハウを活用し、トレーニングルーム等の利用支援を行う。健康づくりコンサルタント委託業務 として①多世代が交流する健康づくりの拠点創出調査②地域の健康課題を解決するための現状分析・意向調査③中央公民館泊分館トレーニングルーム等の活用支援を依頼。


一般質問については、別の記事で説明しますね。

閲覧数:14回0件のコメント